GoodJoblog
   他人の仕事(Job)の良し(Good)悪し(Bad)を、自分勝手に決めてしまうblog
  >> ホーム
  >> RSS1.0
水鏡風月
Author:水鏡風月
性別:日本男児
職業:傾奇者
好きな言葉:
「我以外全て我が師」
「世の人は我を何とも云はばいへ
我が成す事は我のみぞ知る」
「ノーブレス・オブリージュ」


カテゴリ
マスコミ(2)
憂国+特亜(48)
text(92)
サイト(41)
小言(43)
人物(28)
小ネタ(34)
blog(11)
FLASH(10)
GAME(6)
告知(3)
写真(6)
音楽(2)
心理テスト(2)
検索(2)
黒白論(4)
日記(17)
過去の記事
2006月05月 (10)
2006月02月 (2)
2006月01月 (24)
2005月12月 (3)
2005月11月 (25)
2005月10月 (5)
2005月09月 (16)
2005月08月 (47)
2005月07月 (40)
2005月06月 (71)
2005月05月 (31)
2005月04月 (51)
2005月03月 (6)
2005月02月 (1)
2005月01月 (1)
2004月12月 (1)
2004月11月 (2)
2004月10月 (2)
2004月09月 (6)
2004月08月 (5)
2004月07月 (1)
2004月01月 (1)
リンク
読売新聞・社説
産経新聞・主張
朝日新聞・社説
毎日新聞・社説
2ちゃんねる掲示板リスト
既婚男性@2ch掲示板
既婚女性@2ch掲示板
夫婦生活@bbspink掲示板
芸術デザイン@2ch掲示板
ハングル@2ch掲示板
VIP@2ch掲示板
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 陛下の御心が届きますように
(人物)サイパンご訪問 慰霊の意義を考え直そう

天皇、皇后両陛下は28日午前、太平洋戦争の犠牲者を追悼するため、米自治領サイパン島北部の中部太平洋戦没者の碑に供花、スーサイドクリフ、バンザイクリフを訪れて黙祷をささげられた。
両陛下は韓国平和記念塔と、沖縄出身者を慰霊するおきなわの塔にも立ち寄り拝礼した。

有り難いことです。両陛下の御心は戦争で亡くなった全ての人に届いていることと存じます。
そして、日本が政府として成さなければならない事を、陛下は理解し常々バランスを取って下さっていらっしゃいます。
両陛下の御心が多くの日本人にも届きますように。
(恐れ多いと思いますが、あえて…)グッジョブm(_ _)m

(産経新聞)2005年6月29日主張■サイパンご訪問 慰霊の意義を考え直そう

天皇、皇后両陛下が、日本軍玉砕の島である米自治領サイパン島訪問の旅を終えられた。今回のご訪問は、これまでのように親善のためではなく、純粋に先の大戦の犠牲者を慰霊されるのが目的であった。これを機に戦没者への思いを新たにするとともに、慰霊の意味をもう一度考えてみたいものである。

サイパン島は第一次大戦後の大正九(一九二〇)年、国際連盟の承認のもとドイツ領から日本の委任統治領となった。戦前は多くの日本人が暮らし、軍隊も駐留していた。

しかし、先の大戦の最中の昭和十九年六月、米軍が上陸、日本軍は島の最北部へ追い込まれ、七月七日までにほぼ玉砕した。民間の日本人も北端の岬から海へ飛び込むなど多くの犠牲を出した。その数は軍、民間合わせて五万五千人に上る。ほかに現地の人ら九百人も亡くなった。この戦争の悲惨さを最も象徴している島といえる。

両陛下がこのサイパンを訪問されたのは戦後六十年の節目にあたっての慰霊のためだが、天皇が中部太平洋の激戦地に足を運ばれたのは、昭和天皇の時代を含めても初めてだった。

両陛下は戦没者の碑や、慰霊碑、多くの日本人が身を投じたバンザイクリフなどを回り、頭を下げられるとともに、当時の帰還兵らが話す激戦のもようにも耳を傾けられた。

ご訪問に対し、現地の人々は熱烈に歓迎した。また、多くの戦没者の遺族や帰還兵らもご訪問に合わせて日本からサイパンに赴き、両陛下のお姿に感激の声をあげていた。

遺族をはじめ関係者が、いかに天皇の慰霊を待ち望んでいたかを示しているといえる。サイパンばかりでなく、中部太平洋に散った戦没者の霊は、この慰霊によって初めて安らぎを得たであろう。遺族たちも胸のつかえがおりたはずである。

こうした「慰霊」のもつ意味を、日本人は深く心に刻むべきである。

論議を呼んでいる首相の靖国神社参拝問題も、政治的ではなく戦没者への慰霊という観点からまず考えなければならない。

そのことがいかに大切かを考えれば、他国への配慮で参拝中止を求める論議がいかに愚かであるか、おのずとわかるはずである。
スポンサーサイト
人物 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/06/29(水) 13:34)

<<陛下の御心、当然基地外に届かず | ホーム | 知らずうちに身内がblogを読んでたら…>>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://goodjo.blog14.fc2.com/tb.php/165-ed8e51e9


最近のエントリー

地球最強生物、その名は…(05/19)
ごんぶと(05/19)
想像したオレが恥ずかしくなった…(05/19)
朝青龍はいいねえ。(05/19)
好きと言われると、こっちも好きになります。(05/19)


最近のコメント

紗江:(^0^)(03/02)
つんく:(01/11)
suzuki(ForSex):お礼(08/11)
a:a(07/28)
マチコ:(06/07)
T.K:(06/01)
T.K:(05/11)


最近のトラックバック

and she said:ヘビメタさん存続希望署名サイト(08/30)
雑学のブログ:「差別」(08/23)
神のいどころ:ヒロシです…(07/31)
eBinem:萌え文化とお札(07/10)
さいたまセンター、ネット対策研究日誌:【中国】福原愛に対するインタビュー(07/06)


copyright © 2005 GoodJoblog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。