GoodJoblog
   他人の仕事(Job)の良し(Good)悪し(Bad)を、自分勝手に決めてしまうblog
  >> ホーム
  >> RSS1.0
水鏡風月
Author:水鏡風月
性別:日本男児
職業:傾奇者
好きな言葉:
「我以外全て我が師」
「世の人は我を何とも云はばいへ
我が成す事は我のみぞ知る」
「ノーブレス・オブリージュ」


カテゴリ
マスコミ(2)
憂国+特亜(48)
text(92)
サイト(41)
小言(43)
人物(28)
小ネタ(34)
blog(11)
FLASH(10)
GAME(6)
告知(3)
写真(6)
音楽(2)
心理テスト(2)
検索(2)
黒白論(4)
日記(17)
過去の記事
2006月05月 (10)
2006月02月 (2)
2006月01月 (24)
2005月12月 (3)
2005月11月 (25)
2005月10月 (5)
2005月09月 (16)
2005月08月 (47)
2005月07月 (40)
2005月06月 (71)
2005月05月 (31)
2005月04月 (51)
2005月03月 (6)
2005月02月 (1)
2005月01月 (1)
2004月12月 (1)
2004月11月 (2)
2004月10月 (2)
2004月09月 (6)
2004月08月 (5)
2004月07月 (1)
2004月01月 (1)
リンク
読売新聞・社説
産経新聞・主張
朝日新聞・社説
毎日新聞・社説
2ちゃんねる掲示板リスト
既婚男性@2ch掲示板
既婚女性@2ch掲示板
夫婦生活@bbspink掲示板
芸術デザイン@2ch掲示板
ハングル@2ch掲示板
VIP@2ch掲示板
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 中学校教科書
(小言)中学校教科書の検定結果に対する、各新聞社の社説・主張をまとめました。
まあ、近隣には言論を統制されている国もあるわけだから、いろんな意見があるのはいいことなんだけど、感情が先走り何が言いたいのか意味不明になっている新聞社もあります(苦笑)


(読売新聞)2005年4月6日社説■[歴史教科書]「検定、採択は日本の国内問題だ」
「教科書に領土問題を記述する場合、日本政府の見解を反映させるのは当たり前のことだ。 検定結果について、中韓両国政府は、反発の動きを見せている。特に韓国政府の場合は、対策チームを設けて、日韓の市民団体の連携による「つくる会」教科書の「採択阻止運動」を支援していく方針だという。これは、明らかな内政干渉だ。
教科書制度は国家主権に属する問題である。これを揺るがすような外国の圧力は決して許されない。」
その通りです。言うことないです。グッジョブb(^-^)

(産経新聞)2005年4月6日主張■中学教科書 記述の是正はまだ不十分
「来春から中学校で使用される教科書の検定結果が発表された。社会科では一部で改善傾向が見られるが、全体を通せば、バランスを欠いた記述が多く残っている。
十年前の検定で一斉に登場した「従軍慰安婦」という言葉も今回はなくなり、慰安婦に関する記述も控えめになった。「従軍慰安婦」は戦後の造語で、日本の官憲による「強制連行」説も否定された。
南京事件の犠牲者数も、「二十万」「三十万」という誇大な数字を記述する教科書は一社だけになった。特定の歴史的事象に限れば、教科書の記述は少しずつ良くなっている。
しかし、時代をさかのぼると、元と高麗の連合軍が日本を襲った元寇(十三世紀)を「遠征」と書き、豊臣秀吉の朝鮮出兵(十六世紀)を「侵略」としている教科書が多い。現代史でも、日本が中国や朝鮮半島で行ったことを「侵略」としながら、旧ソ連の中立条約を破った満州侵攻を「進出」とするなど、記述のアンバランスが目立つ。日本の過去だけを暗く、意地悪く描こうとする自虐史観が残っている証左であろう。
公民教科書でも、定住外国人の地方参政権が制限されていることを、多くの教科書が差別問題ととらえ、参政権を与えるべきだとする書き方をしている。賛否両論の新聞社説を比較し、生徒に考えさせようとしている教科書は扶桑社だけだ。」
産経の言うバランスは「特定の国に配慮するあまり、表現方法に矛盾が生じている」事に対してのバランスだ。歴史的事実を無視し、隣国の感情に配慮するだけの教科書があっていい理由がない。
激しくグッジョブb(^-^)

(朝日新聞)2005年4月6日社説■「つくる会」 こんな教科書でいいのか
「何よりも問題なのは、光と影のある近現代史を日本に都合よく見ようとする歴史観が貫かれていることだ。日本を大切に思うなら、他国の人が自分の国を大切にする心にも敬意を抱くべきだ。そうであってこそ、周りの国と互いに理解を深めることができる。
「つくる会」の歴史教科書は、そのバランスを欠いている。4年前、朝日新聞は社説で、教室で使うにはふさわしくないと主張した。今回も同じことを言わざるをえない。
重要なのは、どの教科書で学ぶかである。保護者や教師も目を凝らし、国際社会を生きる子どもにふさわしい教科書をそれぞれの地域で選んでほしい。」
「つくる会」の教科書が選択されないよう必至ですね。あとは日教組とPTAに任せますと結ぶところも、マッチポンプ新聞の手法が活かされています(笑)
バランスを欠いているというが、何を基準にしてのバランスと言っているのだろう?
少なからず凡例を出すべきなんじゃないのかな?感情論なんだもん(爆笑)
まあ何にしても、最上級のバッジョブp(-""-)

(毎日新聞)2005年4月6日社説■教科書検定 国の関与、薄める工夫を
「この隘路(あいろ)を抜け出すには、国の関与を薄めるしかない。検定をやめ、自由発行制にするのが望ましいが、国とは別の専門家らによる第三者機関を設立し、そこが適当と認定した教科書のみ、採択リストに載せるという認定方式も考えられる。成熟した欧米諸国の多くは、検定制度を採っていない。」と主張しているのだが、国定教科書しかない国が近隣にあることに触れず、「日本は国定教科書化しないようにするべき」と言う矛盾になぜ気付かないの?
ダブルスタンダードもいいところです。アホらし、バッジョブp(-""-)
スポンサーサイト
小言 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/04/06(水) 13:22)

<<大陸人の民度(低ッ) | ホーム | べからず集>>

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://goodjo.blog14.fc2.com/tb.php/13-860f169e


最近のエントリー

地球最強生物、その名は…(05/19)
ごんぶと(05/19)
想像したオレが恥ずかしくなった…(05/19)
朝青龍はいいねえ。(05/19)
好きと言われると、こっちも好きになります。(05/19)


最近のコメント

紗江:(^0^)(03/02)
つんく:(01/11)
suzuki(ForSex):お礼(08/11)
a:a(07/28)
マチコ:(06/07)
T.K:(06/01)
T.K:(05/11)


最近のトラックバック

and she said:ヘビメタさん存続希望署名サイト(08/30)
雑学のブログ:「差別」(08/23)
神のいどころ:ヒロシです…(07/31)
eBinem:萌え文化とお札(07/10)
さいたまセンター、ネット対策研究日誌:【中国】福原愛に対するインタビュー(07/06)


copyright © 2005 GoodJoblog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。